ボラティリティの減少時のトレード
Pages: 1 2 3 4 5

マーケットプライスの値動きの大きさ”ボラティリティ”は変動する。
ボラティリティを計測するフィルターを作成し、その利用について考えてみた。

The Breakout Bulletin

ブレイクアウト会報

The following article was originally published in May 2003 issue of The Breakout Bulletin.
以下の記事はブレイクアウト会報の2003年5月号に掲載されたものです。

Dealing with Declining Volatility
ボラティリティの減少時のトレード

Was January Unusual?

1月は特別なのか?

    I spoke with several traders in February who remarked that the market seemed to be trading differently (and not “good” different).
    The consensus seemed to be that the worries about war with Iraq were affecting the markets and making them more difficult to trade.
    This made me wonder if there was a way to quantify the apparent changes in market behavior.
    Towards this end, I looked at several indicators that represent market dynamics.

私は「2月にマーケットがいつもとは違った(よくない意味で違った)トレードをされているように思える」と指摘する数人のトレーダーと話をした。

この意見は、「米国とイラク間の戦争についての心配がマーケットに影響しトレードをすることを難しくしている、ということのようである。

このことは私にマーケットの反応の目に見える変化を定量化する方法があるかどうかを考えさせた。

この結論に向かって、マーケットの力学を知らせるいくつかのインディケーターを観察した。

False Breakout Indicator

偽ブレイクアウトのためのインディケーター

    To get a better feel for the extent of false breakouts recently, I came up with an indicator that quantifies the size of the false breakouts, if any, on each bar.
    I define a false breakout as the amount the market moves in the direction opposite to the direction in which the bar eventually closes or the amount the market moves beyond where it eventually closes.
    Specifically, on an up bar, I define a false breakout as the amount that the market drops below the prior close or rises above the current close, whichever is larger.

最近の偽ブレイクアウトの程度をよりはっきりと感じとるために、各バーで偽ブレイクアウトの大きさを定量化するインディケーターを作成した。
私は偽ブレイクアウトをバーが始値から終値への方向とは逆にマーケットが動く大きさ、または同じ方向に終値よりオーバーしてマーケットが動いた大きさとして定義した。

具体例を挙げると、陽線となったバーでは、私はマーケットが1つ前のバーの終値より現在のバーで落下した大きさ(1つ前のバーの終値から現在のバーの安値の差)または現在のバーの終値より上昇した大きさ(現在のバーの高値から現在のバーの終値の差)の、どちらか大きいものを偽ブレイクアウトとして定義した。

    Similarly, on a down bar, the false breakout is the amount the market rises above the prior close or drops below the current close, whichever is larger.
    This is illustrated in Fig. 1.
    A bar that closes at the high or low of the day and has no trading overlapping the prior close would have a zero value of the false breakout.
    To create the indicator, I plot the raw value on each bar normalized by the average true range and the moving average of this value.
    (“Range” is simply the bar’s high minus it’s low; “true range” is similar but takes gaps into account.)

同様に陰線のバーでは、1つ前のバーの終値から現在のバーが上昇した大きさ(現在のバーの高値から1つ前のバーの終値の差)または現在のバーの終値から落下した大きさ(現在のバーの終値から現在のバーの安値の差)、このどちらか大きいものとする。
これを図にしたものが図1である。

バーがその日の高値または安値で終了し、1つ前の終値にトレードのないバーは偽ブレイクアウトの値は0である。
インディケーターを作るために、私は平均トゥルーレンジによって標準化した各バーの値とこの値の移動平均値をグラフに記した。
(“レンジ”はバーの高値から安値の単なる差である。“トゥルーレンジとは”レンジ“に似てはいるが、違いを考慮したものである。)

偽のブレイクアウト

    Fig. 1 Defining “false breakouts” for the FalseBreakout indicator.

図1.偽ブレイクアウトインディケーターの「偽ブレイクアウト」の定義

    The EasyLanguage code for the FalseBreakout indicator is shown below.

偽ブレイクアウトインディケーターのイージーランゲージコードは次に示した。

{
Indicator: FalseBreakout
This indicator calculates the size of the false breakout
on each bar (if any). It normalizes the result by the
average true range and plots the raw value plus the
average.

Michael R. Bryant
Breakout Futures
www.BreakoutFutures.com
Copyright 2003 Breakout Futures
Feb 11, 2003
}
Input: N (10);

Var: FBO (0),
AFBO (0);

If C >= C[1] then
FBO = MaxList(H – C, C[1] – L)
else
FBO = MaxList(H – C[1], C – L);

FBO = FBO/Average(TrueRange, N);
AFBO = Average(FBO, N);

Plot1(FBO, “False B/O”);
Plot2(AFBO, “Ave B/O”);

Pages: 1 2 3 4 5
この記事のテーマ アイデア タグ: ,