トレーディングシステム構築論
Pages: 1 2 3 4 5 6

トレーディングシステムを作り上げ、そして運用するためには、システムの評価が必要だ。
ではどのように評価するのか?そのプロセスの概略。

トレーディングシステム構築論

今回はいまだに運用できるトレーディングシステムの完成のできない人(私も含めて)、苦悩の日々を送る人にとって、ためになると思われる、あるウェブサイト(または本)からの抜粋を数回に分けて掲載します。


「まえがき」から

トレーディングシステムで難しい問題のひとつは、システムの検証結果がどのような基準を満たせば実際に売買できるのかということだと思う。
成績が良ければ良いほど好ましいのは明白であるが、再現性の乏しい好成績ではなんの意味もない。
監修者の知るかぎりにおいて、この問題に明確な答えはなく、すべてはトレーダー個人の判断に委ねられている。

しかしそのベースとなる成績の評価方法に間違いがあったとしたらどうだろうか。
それはシステムのロジックを議論する以前の悲劇である。

本書によると、トレードステーションが出力する金額ベースの成績には何の価値もない。
比率による成績表示でないとシステムの素顔は分からないし、再現性の高い指標は得られないというのだ。

これを受けて多くの読者が今までの検証方法を見直すことと思う。
特に株式のシステムトレーダーにとって本書のインパクトは大きいだろう。


「はじめに」から

ほとんどのトレーダーが犯す大きな間違いは、次のようなものであることが分かった。

知識の細かい断片を寄せ集めてトレーディング戦略を構築し、そこから大金を得ようと試みるものの、リスク管理や資金管理の知識を持ち合わせておらず、システムがある種のマーケットでは機能しない理由も、最大のドローダウンがこれから起こる理由も、設計どおりに機能しているシステムを使っているのに破産してしまう理由も分からない。

そして驚くべきことには、この傾向はプロフェッショナルとして長年認められたトレーダーにも、プロフェッショナル気取りのアマチュアトレーダーにも共通しているのである。

もうひとつの共通した間違いは、資金のニーズと効率性を考慮せず、トレーディング方法を徹底的に調査しないというもので、これは特に少額のマネーを扱う投資家に多く見られる。

取引口座のサイズが大きくなるにつれて、より「洗練された」トレーディング戦略やマーケットの複雑さについて学ぶ時間も多くなると考えるかもしれない。
しかし、そうではない。
マネーはマネーであり、最初のトレーディング方法で成功できなければ、長年巨額の資金を運用してきたマネジャーであろうと、1万ドルの資金を扱う初心者であろうと、その資金を失ってしまうであろう。

資金管理戦略を用いずに基本的な移動平均交差法だけを使って1万ドルの資金運用(それが唯一のトレーディング知識と使える資金のすべてだとして)を行って、巨額の資金とあらゆる トレーディング知識を駆使した場合よりもすぐれた成績を収めることができるだろうか。

最初から正しい方法でトレーディングを行うだけの知識と十分な資金を持ち合わせていないのであれば、トレードを実行すべきではない。
そのような状態でトレードを実行すれば、確かに、より「洗練された」トレーディング戦略について学ぶ時間はたっぷりあるかもしれないが、トレーディングを行っているときには、そんなことは不可能であることが分かるはずである。

本書は、トレーディングが容易なものではないことを悟りながらも、失われた断片を特定できず、いまだにパズルの全体を埋めることができないでいる、あらゆるレベルのトレーダーに向けたものである。

トレーディングの成功を阻んでいるものはおそらく、より洗練された戦略を組み合わせて成功の確率を高める方法についての全体的な理解の不足であろう。
本書では、このトレーディング戦略についての全体的な理解を深め、パズルの全体を埋めるために最大限の労力を費やしたつもりである。

多くのトレーダーは、誤った情報を与えられており、トレーダーでなければマーケットがどのように動くかを理解できないと考えている。
しかし、それは大変な間違いと言わざるを得ない。

数学に優れているからといって語学にも堪能とは限らないし、運転技術が優れているからといって豊富な技術知識を持っているとは限らない。
優秀なトレーダーだからといってアナリストとしても優秀であるとは限らないし、その逆もまた然りである。

アナリストとして、またシステムとメカニカルなトレーディングの専門家として、(*筆者は)自分の戦略に関するかぎり、それに必要なトレーディングの技術を持っていなければならないと考えている。

本書のなかでしばしば学術的な専門用語を使うことがある。
例えば、標準偏差、尖度、数学的期待値といった用語を使用し、数学的な計算を行う場合もある。
しかし、マーケットを分析するのにロケットサイエンティストである必要はないということである。
既存の書物から得ているものにほんのわずかの知識を追加し、あえて「常識の枠」から少しばかり踏み出せばいいのである。
その点について筆者は一切弁解しない。

本書は実用的なものであると認められると考えているが、けっしてだれにでも使えるような簡単なトレーディングシステムではない。
そのようなシステムは(*本書中には)存在しない。
本書は、トレーディングのプロセスの構築を始める前に推論を検討して、真のトレーディング戦略といえるものを統合する方法を説明したものである。

真のトレーディング戦略とは、孤立した単独の決断の連なりではなく、長期間にわたって機能する作業プロセスのことである。
これはそしりを恐れずにいえば「哲学」とでもいうものである。
有効に機能する統合された戦略の背後にある哲学とは、マーケットを動かしているものの背後にあってその動きの根底となるもので、それを理解することによって、戦略が有効に機能する、あるいは機能しない理由が明らかになる。

トレーディング戦略とは、「プロセス機構」のことであり、ひとつの決断が自動的に次の決断を引き出し、それが続いていって永続的に機能する永久機関のようなプロセスを生み出すものであることを理解してほしい。
そして永久機関のように、トレーディング戦略は繊細で、必要最小限の部品で構成され、それがより大きな全体構造を形成し、エネルギーの損失は発生しないのである。

可能であれば、それぞれの部品がほかのすべての部品を考慮したうえで統合され、さらにほかの部品の一部となるのが理想的である(これは本書の哲学的な特徴である)。
実際には不可能であるが、ほぼ、それぞれの部品が、自動車を機能させる部品であると同時に自動車そのものであり、すべての部品を構成しているという状態である。

Pages: 1 2 3 4 5 6
この記事のテーマ 評価方法 タグ: ,