ボラティリティ フィルター
Pages: 1 2 3 4 5

ボラティリティ(プライスの値動きの大きさ)をシステムに利用できないか?というアイデアのひとつ、フィルターとして使うという方法を具体的に紹介。

The Breakout Bulletin

ブレイクアウト会報

The following article was originally published in the November 2002 issue of The Breakout Bulletin.
以下の記事はブレイクアウト会報の2002年11月号に掲載されたものです。

A Volatility Filter
ボラティリティ フィルター

    Traders thrive on volatility. If the market doesn’t move, we can’t profit. It seems logical, then, that volatility could be used as a filter in a trading system. But how? If high volatility is good, should we wait for signs of high volatility before entering a trade, or should we take a counter-trend approach and wait for low volatility in expectation of higher volatility to follow?

トレーダーはボラティリティで稼ぐ。
もしマーケットに動きがなければ我々は利益を得られない。

「ボラティリティはトレーディングシステムの中でフィルターとして使うことができる」ということは論理的に思える。

しかしどうやって使うのか?

もし高いボラティリティがあることが好ましいとすると、我々はトレードを開始する前に高いボラティリティのサインを待たなければいけないのか?

それともカウンタートレードの方法を使って、高いボラティリティが次に起こることが期待できる低いボラティリティを待つべきなのか?

    Consider the chart below, which consists of daily bars of the E-mini S&P 500. Below the price series I’ve plotted the true range. This is NOT the average true range but simply the true range of the daily bar. To me, the striking aspect of this plot is the cyclicality of the true range. It displays a surprising amount of regularity, with peaks following troughs every day or two. This tells me that if we want higher volatility, we need only wait for a low volatility day. The following day, or perhaps the one after that, will very likely have higher volatility, as defined by the true range.

下記のチャートについて考えてみる。
これはE-mini S&P 500の日足バーのチャートである。

プライスのチャートの下にはトゥルーレンジ(真の値幅)を表示した。

これは平均トゥルーレンジではなく単純に日足のトゥルーレンジである。

私にとって、この指標の印象的な側面はトゥルーレンジの周期性である。

それは毎日または毎2日間の最安値の後に続くピークについて驚くほどの量の規則性を表示している。

これはもしより高いボラティリティがほしければ、我々はボラティリティが低い日をただ待つだけでいい、ということを示している。

この日に続く次のトレード日、おそらく1日後が、トゥルーレンジで示される高いボラティリティをもつようにかなり思える。

システムトレード ボラティリティ

    Figure 1. Daily bars of the E-mini S&P 500 with the true range plotted below.

図1.E-mini S&P500の日足バーチャート(緑色)とそのトゥルーレンジ(赤色)。

    One application where we might want to use volatility is with a breakout-type system. If we want to enter the market on a breakout, we may benefit from restricting our entries to days that have higher volatility (e.g., higher true range). To see if this is true, I created the following simple system, shown below in EasyLanguage:

我々が望むであろうボラティリティを使ったトレーディングシステムの1つはブレイクアウトのタイプのシステムである。

もしブレイクアウトした時にマーケットに入りたければ、我々は高いボラティリティ(例えば、より高いトゥルーレンジ)をもつ日にエントリーするのを制限することで利益を得るかもしれない。

これが事実であるかどうかを確認するために、私は次に述べる単純なシステムを作りイージーランゲージで下記に示した。

Input: StopPts (30); { Size of money management stop, points }
Var: TR (0); { True Range }

TR = TrueRange;

Condition1 = TR < TR[1] and TR < TR[2]; {Condition1 = true; } Condition2 = C > C[14] and C < C[2]; {Condition2 = C < C[2];} Condition3 = C < C[14] and C > C[2];
{Condition3 = C > C[2];}

If Condition1 and Condition2 then
Buy next bar at Highest(H, 2) stop;

If Condition1 and Condition3 then
Sell short next bar at Lowest(L, 2) stop;

If MarketPosition = 1 and C > EntryPrice and BarsSinceEntry >= 1 then
Sell this bar at close;

If MarketPosition = -1 and C < EntryPrice and BarsSinceEntry >= 1 then
Buy to cover this bar at close;

If MarketPosition = 1 then
Sell next bar at EntryPrice – StopPts stop;

If MarketPosition = -1 then
Buy to Cover next bar at EntryPrice + StopPts stop;

Pages: 1 2 3 4 5
この記事のテーマ アイデア タグ: ,